8月末に閉鎖される予定の「としまえん」=2020年2月3日午前10時49分、東京都練馬区、朝日新聞社ヘリから、恵原弘太郎撮影

写真拡大

 西武グループの遊園地「としまえん」(東京都練馬区)が、8月末から段階的に閉園することが14日わかった。

 夏に多くの人でにぎわう大型プールは当面営業を続ける方向で検討しているが、それ以外の施設を順次閉める方針だ。

 関係者によると、運営する西武ホールディングス(HD)が、園内で働く従業員らに8月末での営業終了を伝えているという。

 跡地は、米映画大手ワーナー・ブラザースが「ハリー・ポッター」のテーマパークを2023年度にも開園する方向で調整している。約20ヘクタールの園内の一部を、ワーナーが借りて運営する方向だ。映画や小説で人気の「ハリポタ」の新施設で、西武沿線の新たな集客拠点をめざす。

 残りの土地は東京都が買い取り、災害時の避難場所にもなる大規模公園をつくる予定。西武HDとワーナー、都が協議中で、今春にも正式決定するとみられる。