新型コロナウイルスによる肺炎で、日本国内で死亡例が出たり、医師にも広がったりで、感染拡大は新たな段階に入ったようだ。日本感染症学会は「国内にウイルスが入り込み、街の中で散発的な流行の可能性がある」と指摘している。

グローバルヘルスクリニック院長・水野泰孝医師は「(日本国内での)人から人への感染と考えていいと思う」と指摘した。医療ジャーナリストの伊藤隼也氏も「水際対策から国内対策へ、新たなフェーズに入りました。これからは重症患者の救命も重要になってきます」

保健所の検査が間に合わない

しかし、その態勢は整っているとはいえない。似鳥クリニック呼吸器内科・似鳥純一医師は、発熱などの症状がある中国人留学生を診察した際に、保健所に検査を依頼したところ、「湖北省への渡航歴がないから検査はできない」と言われたという。水野医師も「私も同じような経験があります。保健所に検査を提案したら断られました」という。

若狭勝(弁護士)「ターニングポイントを迎えている。これからは検査をしていく基準に変えていくべきですよ」

水野医師も「クルーズ船での感染は経路がわかりやすいが、街中での感染はわかりにくい。基準を変えるべき段階にはいりました」