三田佳子

写真拡大

 親思う心に勝る親心、とはよく言ったものである。無論、度重なるシャブ逮捕に加え、昨年は脅迫容疑でもお縄となった高橋祐也(40)に親を思う心は全く窺えない。だが、三田佳子(78)夫妻はといえば、不惑を迎えた不肖の息子の尻拭いも厭わず、惜しみなく無償の愛を注ぎ続けていた。

 ***

三田佳子が息子に与えていた「“子ども手当”の金額」

 一時は「もう力及ばずの心境」と漏らし、「卒母」宣言までした三田佳子。だが、両親は「次男」を見捨てることはできなかったようだ。

 芸能関係者が明かす。

「祐也がオーナーをしていた渋谷区内のバーを巡って、三田夫妻と店側が揉めているようなのです。元NHKプロデューサーで、父親の高橋康夫さんが後始末に奔走しているとか……」

三田佳子

 本誌(「週刊新潮」)は問題のバー周辺を取材して元店員に接触を図った。彼はトラブルになっていることを認めた上で、

「知人からバーの立ち上げを持ち掛けられたのは一昨年の5月頃。店が入る予定の物件は康夫さんが借りていました。祐也さんもよく顔を見せ、“自分のお店”と話していたので、僕ら店員は実質的なオーナーは彼だと思っていた。あのバーは、三田夫妻が用意した息子のための居場所という印象です。ただ、接客業はイメージが大事なので康夫さんには事前に尋ねました。“祐也さんはもう覚醒剤をやっていないんですね”って。すると、“やっていない”という返事があった」

 店は8月にオープンしたが、まもなく事態は急変する。

「オープンから1カ月後の9月11日に、祐也さんがまたもや覚醒剤で逮捕されてしまったのです」(同)

警官の相手をする父

 本誌は別の関係者を通じて、逮捕直前に祐也が車に立て籠もって警察官と口論する動画を確認している。

 そこには、タバコをふかしながら〈これが日本の警察なんでしょうか! これは明らかな不当逮捕。不当逮捕です!〉などと喚き散らす息子と、車外で雨に濡れながら懸命に警官の相手をする父の姿があった。

 元店員が続けるには、

「祐也さんが逮捕されると、客足はパッタリ途絶えてしまいました。お客さんの多くが芸能関係者だったので、巻き添えを食らうのを嫌ったんでしょうね。その後、三田さん夫妻と話し合い、今後は正式に康夫さんがオーナーになると伝えられました。しかし、同じ頃に店の営業許可証を取っていないことが発覚。水漏れするトイレや、故障したエアコンの修理を頼んでも一向に直してくれない。三田さんに相談しても、“すぐに人のお金を頼りにして。商売は自分の力で掴むものよ”と叱られるだけ。両親から息子が逮捕されたことへの謝罪はひと言もありません」

 バー自体は昨年8月まで続けたものの、まともな営業はできず、家賃を支払うこともできなかったという。

「今年の初めに康夫さんの弁護士から家賃の支払いなどを求める督促状が届きました。ただ、もう話す気にもなれません」(同)

 この件について康夫氏に話を伺うと、

「息子の逮捕が営業に影響したかは分かりませんが、店員側は家賃も払わず、月々の収支も報告してこなかった。しかも、退去を迫ると店をめちゃくちゃにして出て行ったので弁護士さんに相談したわけです。まぁ、息子にはきちんと店を運営したいという思いがあったかもしれませんが、ああいうことになった後は全て私が対応しています」

 子が何度、逮捕されても愛情とお金を注ぎ続ける親心。嗚呼、三田佳子の息子になりたい

「週刊新潮」2020年2月13日号 掲載