南極のサウスシェトランド諸島(2019年11月27日撮影、資料写真)。(c)Johan ORDONEZ / AFP

写真拡大

【AFP=時事】(図解追加)南極で、観測史上最高となる20.75度の気温が観測された。南極の気温が20度を超えたのは初めて。研究者が13日、明らかにした。

 史上最高気温はシーモア島(Seymour Island)で観測された。ブラジル人研究者、Carlos Schaefer氏はAFPに対し、この記録は一度限りの気温であり、同地での長期的なデータセットの一部ではないため、「気候変動の傾向という点については何の意味も持たない」と指摘した。

 だが極寒の南極で比較的温暖な20度台の最高気温記録が樹立されたという事実は、地球温暖化に関する懸念を高める可能性が高い。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
アフリカの環境活動家にも注目を、グレタさんらが記者会見
気候変動で開花早まるミモザ 地域経済には打撃? イタリア
秋の景色に雪の帯…ゲレンデ早期開業に揺れるスキー大国オーストリア