ヴィッセル神戸のイニエスタ photo/Getty Images

写真拡大

12日にアジアチャンピオンズリーグ・グループステージ第1節でマレーシアのジョホール・ダルル・タクジムと対戦したヴィッセル神戸は、MFアンドレス・イニエスタの2アシストもあって5-1の大勝を収めた。

ハットトリックを記録したFW小川慶治朗のパフォーマンスも見事だったが、やはり世界が注目したのはイニエスタ。華麗なパスから2点をアシストした魔術師を絶賛する声が相次いでいるのだ。

英『Sportbible』も世界のサッカーファンの反応をまとめているが、35歳になった今もトップレベルの実力者と称えられている。ベテランとなったこともあってスピードで相手を振り切るプレイはほとんど見られないが、歩いていてもアジアを支配できるとの意見まで出ている。

「イニエスタは歩いているだけで相手を全員倒した。MOMだ」

「35歳のイニエスタは年齢が単なる数字だと証明した。天才によってジョホールは破壊された」

「イニエスタはジョホールにどうやってフットボールをするのか教えた」

「このレベルは彼にとって簡単すぎる」

イニエスタがACLの舞台でどんなパフォーマンスを見せてくれるのか。これは日本のサッカーファンだけでなく、アジア全体が注目していたことだ。チームもイニエスタも期待通りのスタートを切ることになり、アジアでも旋風を巻き起こすことに期待だ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

最新号は、いよいよ始まるチャンピオンズリーグ・ラウンド16を徹底プレビュー。アトレティコ×リヴァプール、レアル×シティなどビッグカードが目白押しの今季CL。注目対決の行方に豪華執筆陣が迫ります!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/