MFイサック・クエンカが右膝を手術

写真拡大

[故障者情報]

 ベガルタ仙台は13日、右膝の半月板を痛めたMFイサック・クエンカが5日にスペインへ一時帰国し、現地時間10日に手術を受けたことを発表した。手術は成功し、経過観察後に診断名(結果)および全治が確定するという。詳細については確定後に改めて発表するとしている。

 過去にバルセロナなどでプレーしたスペイン人のクエンカは昨年1月に鳥栖へ加入。J1リーグ戦29試合で6得点を記録し、今季から活躍の場を仙台に移していた。