接骨院に行くたびに現金なくなる お札に数字を書き犯人逮捕につながる

ざっくり言うと

  • 接骨院に通うたびに現金がなくなることを不審に思った、愛知県の男性
  • お札に鉛筆で番号を書き、それが捜査の鍵となって犯人の逮捕につながった
  • 犯人は接骨院の経営者で、施術の際に財布から現金を盗んでいたという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x