田代まさし被告、起訴内容を認める 検察側は懲役3年6月を求刑

ざっくり言うと

  • 自宅マンションで覚醒剤を所持したなどとして罪に問われた田代まさし被告
  • 初公判が13日に宮城・仙台地裁で開かれ、田代被告は起訴内容を認めた
  • 検察側は懲役3年6月を求刑し、弁護側は執行猶予付きの判決を求めた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x