ケンタッキーフライドチキンは日本でもおなじみのファストフードチェーン店ですが、海外では研修用に「フライドチキンを揚げる方法」を学ぶVRゲームを導入したり、チキンの脂で手が汚れても使えるワイヤレスキーボードを発表したり、果ては同社の創業者でありシンボルでもあるカーネル・サンダースを相手に恋愛シミュレーションができるゲームを発表したりと、なかなかにぶっ飛んだ施策の数々を打ち出してきた企業でもあります。そんなケンタッキーフライドチキンが、新たにクロックスとコラボして「チキン付きのクロックス」を発表しました。

KFC x Crocs™ | Crocs™ Official Site

https://www.crocs.com/KFC.html

公式ムービーも公開されており、これを見ればどんなクロックスになっているのかが一発でわかります。

KFC x Crocs. Not for human consumption. - YouTube

ケンタッキーフライドチキンの箱のような色合いの衣装に身を包んだ女性が登場。

機械から出てきた紙を確認して……

キッチンタイマーをセット。

そしてフライヤーで調理開始。めちゃくちゃオシャレですが、どうやらこの女性はケンタッキーフライドチキンの店員さんのようです。

調理中は暇なのか爪の手入れをして待ちます。

その間にもフライヤーはグツグツと何かを揚げています。

カーネル・サンダースの手入れにも余念がありません。

そうこうしているうちにセットしたキッチンタイマーが鳴ります。

そしてフライヤーから取り出されたのは……

フライドチキンのような見た目のクロックスでした。

かなりの厚底で、ソール部分はケンタッキーフライドチキンの箱をイメージした赤と白のストライプ模様になっています。そしてアッパー部分は全面フライドチキン柄で、胸焼けしそうなレベル。

ソールの厚みが通常のクロックスと同じくらいのものも存在します。また、クロックスに取り付けるアクセサリのジビッツとして、フライドチキンが付いている模様。

「揚げたてのチキン付きクロックスはいかが?」的なシーンでムービーは終了。

ケンタッキーフライドチキンとクロックスのコラボを記念する特設ページには、「フライドチキンがプリントされたアッパーと、ストライプで覆われたソールにより、チキンバーレルを着るという長年の夢がついに実現します!」と興奮気味のコメントが。また、フライドチキン型のジビッツについては、「フライドチキンンのような見た目のジビッツが2つセットで付いています。なお、人間が食べるためのものではありません」と注意書きされていました。

なお、ケンタッキーフライドチキンとクロックスのコラボにより誕生した「チキン付きクロックス」は、2020年の春頃発売予定です。