昨季は38試合・8得点を記録した高井。12日に入籍を発表した。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 レノファ山口FCは2月12日、MF高井和馬が女優の松尾薫さんと入籍したことを発表した。
 
 高井は、千葉県出身の25歳。2017年に日本体育大から群馬へ新卒加入し、2018年に東京Vへの移籍を経て、同年の夏に山口に完全移籍した。昨シーズンは主に左ウイングで38試合に出場し、8得点を記録。技巧的なフェイントや鋭いカットインなど、バリエーション豊富な仕掛けで、チームの攻撃にアクセントを加えた。
 
 お相手の松尾さんは、テレビドラマから、バラエティ、CMなど多岐にわたり活躍する女優。高井は、クラブの公式サイトでサポーターに向けてコメントを発表している。
 
「私事ではございますが、このたび入籍しましたのでご報告させていただきます。より一層の責任を持ち、選手としても人としても成長していきたいと思います。これからも応援よろしくお願いします」
 
 また松尾さんも自身のインスタグラムで入籍を報告。二つの結婚指輪の写真とともに、「どんな時もサッカーに真剣に向き合い努力を怠らない姿勢に惹かれ、支えていきたいと思いました。まだまだ未熟な二人ではありますが、皆さまにも応援していただけるような素敵な夫婦になれるように努力を重ねてまいりますので温かく見守っていただけたら嬉しいです(一部抜粋)」と長文で、惹かれた点などを綴っている。
 
 守るべき家族を得て、「より一層の責任を持つ」と語った高井。目標のJ2上位進出へ向け、昨季以上にゴールを重ねたい。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部