大勢のファンが足を運び、カシマスタジアムを真っ赤に染める photo/Getty Images

写真拡大

鹿島アントラーズは12日、「ヘリコプター観戦プラン」の販売を開始したと発表した。

このプランは鹿島が2020シーズンから始める新たな試みで、同シーズンの明治安田生命J1リーグおよび、YBCルヴァンカップ(グループステージとプライムステージ)のホームゲームが対象。東京・横浜ー鹿嶋間のヘリコプター移動とVIPエリアでのホスピタリティ、観戦をセットにしたプレミアムサービスだ。

一般社団法人アントラーズホームタウンDMOが鹿島アントラーズ、ヘリコプターサービスを開発・運営する株式会社AirXと協力することで、特別な観戦体験を提供する旅行プランが実現。片道わずか30分の快適な移動や専属コンシェルジェによるスタジアムツアー、スタジアム来賓ラウンジでのお食事・観戦、お土産などがプランに含まれているという。

最少催行人数は3名で、定員の最大は8名。料金は1名あたり25〜35万円となっている。少々値段は張るが、スタジアムまでヘリでひとっ飛びと、普段なかなかできないような体験ができるかもしれない。アントラーズファンにとっては必見だ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/