「12歳のときからアニメソングを歌い続けて、今年で50周年を迎えました。」(撮影:本社写真部)

写真拡大 (全2枚)

「キャンディ キャンディ」「ひみつのアッコちゃん」「魔法少女ララベル」……。誰もが口ずさめるアニメソングを1000曲以上歌ってきた堀江美都子さん。12歳でデビューし、アニメソングとともに歩んできた。その歌手人生と若さの秘訣、パワーの源を聞いた(構成=内山靖子 撮影=本社写真部)

【写真】「暗い」と言われた性格が前向きになった理由

* * * * * * *

アニソン歌手として50周年を迎えて

12歳のときからアニメソングを歌い続けて、今年で50周年を迎えました。振り返ってみれば、これまでに歌ってきたアニメソングは優に1000曲以上。これだけの年月、歌い続けてこられたことに、あらためて感謝しています。歌手としても、ひとりの人間としても大きな節目を迎える。今はそんな気持ちでいっぱいですね。

19歳のときに『キャンディ キャンディ』の主題歌を歌ったことで、“アニソン歌手”としてみなさんに知られるようになった私が、そもそも歌手の道を歩むことになったのは9歳のときにテレビ番組『ちびっこのどじまん』に出たのがきっかけ。

音楽好きな両親は私をバイオリニストにしたいと思い、小学1年生のときからバイオリンを習わされていたものの、実は歌のほうが好きだったんですね。で、私の歌がうまいと思った叔母が知らないうちに「ちびっこのどじまん」に応募して、予選を勝ち抜いて本選に出ることになりました。

そのとき歌った曲ですか? 「ドナドナ」です(笑)。審査員の方も「きみ、ちょっと暗いよね」と。優勝はできなかったのですが、後日、その番組で歌った子どもたちで合唱団を作るからとレギュラー出演が決まり、歌手としてレコード会社のコロムビア(現・日本コロムビア)と契約することになったのです。

ちょうどその頃、コロムビアでは「童謡でも唱歌でもない、子どものための新しいジャンルの歌」として、アニメソングを作っていた時期でした。しかも、アニメ番組を見ている子どもたちと同世代の歌手に歌わせた合唱団の中から何人か選ばれて、当時小学6年生だった私が『紅三四郎』の主題歌を歌うことに。この歌を歌っていなければ、今日の私はありえません。

ちなみに、この中には天童よしみさんもいて、その後、私が『魔法のマコちゃん』の主題歌をレコーディングしている隣のスタジオで、天童さんが『いなかっぺ大将』の主題歌をレコーディング中、なんていうこともありました。

「キャンディ キャンディ」のヒットが大きな転機に

アニソン歌手としての長いキャリアの中で大きな転機となったのはやはり『キャンディ キャンディ』との出会いです。実は、それまで私は“少女もの”の主題歌を歌ったことがあまりなく、少年もの、冒険もの、動物ものなどの歌がメイン。

『キャンディ キャンディ』の絵コンテを見せていただいたとき、「こんなにキラキラした少女ものを私が歌うんだ!」と、とっても嬉しかったんですよ。おまけに、この歌が100万枚以上も大ヒットしたことで、私の人生も大きく変わっていったのです。

それまでアニメソングと言えば、「しょせん、子どもの歌だろう」という程度の扱いで、一般的な歌謡曲よりもランクが下と思われていた時代でした。

私と同世代の麻丘めぐみさんや南沙織さんが立派なコンサートホールで歌っているときに、私が歌っていたのはデパートの屋上や遊園地のイベント会場。マイクの代わりに拡声器を渡されたり(笑)、バスガイドさんが使っている四角いマイクを持たされたり。

同じ歌手でありながら、なぜこんなに扱われ方が違うのだろう? そんな疑問で一杯でした。それでも決してヘコまずに、どんな環境に置かれても「何クソ!」という思いで、自分はきちんと歌うのだと常にベストを尽くしていました。

そんな過酷な状況だったのが、「キャンディ キャンディ」の大ヒットで一躍表舞台に立つことになりました。

2020年2月12日発売の『デビュー50周年記念ベストアルバム「One Girl BEST」』には、もちろん「キャンディ キャンディ」も収録されている

100万枚という数字には実感が湧かなかったのですが、あるデパートのイベント会場で、10代、20代のお客さんたちがステージを何重にも取り巻いているのを見て、「こんなに大勢の人たちがみんな私のファンなの?」って、それはビックリしましたね。

その一方で、キャンディが私のライバルになってしまった。私がどんな歌を歌っても、「あの『キャンディ キャンディ』の」という枕詞が必ずついてしまうので、キャンディの存在を疎ましく感じてしまったり……。オリジナルソングを歌うステージでは『キャンディ キャンディ』は絶対に歌わない」と封印していた時期もあったほどです。

けれど、大阪の梅田駅構内で行われたイベントに出演していたときのこと。私がオリジナルソングを歌っても、誰も足を止めてはくれない。なのに、「キャンディ キャンディ」を歌ったら、大勢の人がどんどん集まってきてくれた。

そのときに、歌は聞いてくれる人に「いいね」と思われてなんぼのものなんだとわかった。それで、キャンディに「ごめんね」と謝って(笑)、親友として、今日までずっと一緒に歩いてきました。

その次の転機は27歳での結婚です。それまで“アニソン界最初のアイドル”として育ててもらってきたので、「早すぎる」「結婚したらゼロどころかマイナスになる」と周囲からは止められました。

でも、結果として、結婚したことは私にとって大いにプラスになりましたね。家庭というバックボーンができたことで安心して歌と向き合えるようになったし、ミュージシャンの夫からさまざまなアドバイスももらえるようになり、歌手としても成長できました。

声優の仕事に出会い新たな歯車が回り始めて

ただ、結婚後はアニメソングを歌うお仕事が減っていたのも事実です。でも、そんなときに「声優をやってみませんか?」と声をかけていただいて、『愛少女ポリアンナ物語』の主人公・ポリアンナの声を1年間やらせていただきました。

このポリアンナという女の子が、どんな逆境に置かれても「よかった探し」をする前向きな性格で。1話の間に「わぁ〜い、よかった!」というセリフがそれこそ何十回も出てきます。その「よかった!」というセリフを1年間繰り返していたことで、『ちびっこのどじまん』のときに「暗い」と言われた私の性格もどんどん前向きになっていきました。言霊の力って、やっぱり大きいんですね。

それ以来、何ごとに対してもポジティブシンキングになれたし、ポリアンナ役をきっかけに声優のお仕事が増えていき、「じゃあ、主題歌も歌って」と、アニメソングを歌う機会にも再び恵まれていったのです。

37歳で一人息子に恵まれたことも、自分の世界を大きく広げてくれたと思います。音楽の世界で生きていくのは大変ですから、息子には特に音楽の英才教育はしなかったのですが、カエルの子はやはりカエルなのでしょうか。今年25歳になった息子はアルバイトをしながら、アマチュアで自分の好きな曲を作っています。

私がアニメソングを歌うときに大切にしているのは、まず「きちんとした美しい日本語」で歌うことです。そもそもアニメソングは子どもたちのために作られた歌なので、1度耳にしたら、子どもでもきちんと内容がわかるように、歌詞をはっきり歌うことが何よりも大切なんですね。

もうひとつ、その歌を歌った自分の年齢に戻って歌うこと。12歳のときに歌った歌は12歳に戻り、19歳のときに歌った歌は19歳の自分に戻って。それができるのも、アニメソングの歌詞は普遍的なものだから。

「愛」「友情」「勇気」など、年齢を超えて、どんな世代にも共通する前向きな人生哲学をシンプルな言葉でストレートに歌いあげていく。だからこそ、いくつになっても最初に歌ったときと同じ心境で歌うことができるんですね。

私もステージに上がると、たちまち10代の頃の自分に戻ります。ステージ衣装も、若いときと同じホットパンツにニーハイブーツで。このスタイルが私の戦闘服と言いますか、潔く脚を出すと、アニソン歌手としてたちまちスイッチが入るんですよ。

いくつになってもこの恰好でパワフルに歌えるように、日頃からウォーキングやフラダンスで体を鍛えています。体幹を鍛えるフラダンスは体のバランスがよくなるので、声が出やすくなるんですね。

体重も45〜50圓隆屬鬟ープするように。それ以上痩せても太っても、声が満足に出なくなってしまうので。

喉を守るために冷たい飲み物や炭酸飲料は極力口にせず、ステージドリンクはハチミツレモンをお湯割りで。一年中、寝るときはマスクをし、首にはショールを巻くようにしています。

2月に行う50周年記念コンサートでも、10代、20代の頃の私に戻り、おなじみのヒット曲を披露する予定です。衣装は、もちろんホットパンツ! 現在40〜50代の方々が少年少女の頃の自分に戻り、拳を振り上げて一緒に歌えるステージを計画しています。

仕事や家庭生活にちょっぴり疲れているなと感じていたら、「あの頃の元気」をチャージするために、ぜひ聞きにきていただけたら嬉しいです。