カゴヤ・ジャパンは2月12日、「WordPress脆弱性診断」サービスを提供開始すると発表した。同サービスでは、WebサイトのURLからWordPressの本体、プラグイン、テーマの脆弱性を診断し、レポートを提供する。

WordPressの画面

WordPressで構築されたWebサイトはシェアの拡大に伴い、攻撃対象とされやすくなってきており、WordPressの本体に加え、プラグインやテーマの脆弱性が狙われる改竄が後を絶たない。

そのため、脆弱性を放置するとサイトが改竄されたり、攻撃の踏み台にされたりするる危険性がある。

同サービスの料金は、1回スポットが4400円、月1回定期診断(1年間)が3万9600円となっている。