今井智基の移籍先が決定

写真拡大

 松本山雅FCは11日、DF今井智基(29)がウエスタン・ユナイテッド(豪州Aリーグ)へ加入することを発表した。

 大宮ユース出身の今井は、2013年に中央大から大宮に加入すると、2018年8月に柏から松本に加入。昨季はリーグ戦18試合に出場した。しかし、今年1月31日に「海外でプレーするという長年の夢を叶えるため」に双方合意の上で契約を解除していた。

 新天地決定を受けて今井は「今回の移籍に際してサポートしてくださった全ての方に感謝しております。海を越えても常に感謝の気持ちを忘れず、常に何事にもポジティブにチャレンジして、サッカー選手としても人間としても成長していきます。そして松本山雅で闘えたことを誇りに思っています。初めてサンプロ・アルウィンのピッチに立った時、あまりの応援の迫力に鳥肌が立ったことを今でも鮮明に覚えています。本当に今までお世話になりました。ありがとうございました」とコメントした。

 ウエスタン・ユナイテッドは、2019-20シーズンからAリーグに所属。現在16試合を終えて6勝3分7敗で7位につけている。