江頭2:50(提供写真)

写真拡大

【モデルプレス=2020/02/10】お笑い芸人の江頭2:50のYouTube「エガちゃんねる」が、ついに広告審査に通った。

【写真】江頭2:50の規格外YouTube「エガちゃんねる」

◆江頭2:50YouTube、ついに広告審査通過


開設当初から江頭ならではの規格外の内容が話題を呼んでいる同チャンネル。チャンネル初回では、いきなりアカウント停止を覚悟しながらの「お尻書道」に挑戦し、チャンネルの題字を制作した。

6日には「これまでに配信した3本全てが広告審査に落ちました どうすればいいのか教えてください」と、8日には「広告に関してなのですが、『#1は正式に審査落ちました』笑 涙ちょちょぎれました。皆さんお尻に筆を入れるのはやめましょう!」と公式Twitterで嘆いていた江頭。


「エガちゃんらしい」「これも伝説」と登録者からはエールが寄せられていたが、9日午後の段階で広告が表示されるようになっており、10日も変わらず広告が表示されているため、広告審査に無事通過したと見て良いだろう。

9日には、チャンネル登録者数が目標としていた100万人を日本歴代2位の早さで突破。10日19時時点ではすでに120万人に達している。


◆江頭2:50、東日本大震災で見せた男気行動 YouTube快進撃の要因


江頭は、東日本大震災の直後、周囲に秘密にして自ら2tトラックを運転して福島の被災地へ物資を届けた。物資は自分で借金して購入したものだった。芸能人でも最速の行動力に福島の地元の人がネットに江頭への感謝の言葉を書いたことから、2chでこの行動が絶賛され話題に。その後の本人のコメント「俺はお金がないから体で払ってきただけ」は、日本中の感動を呼んだ。

最近の地上波番組では出演が無くなっていたが、ネット上ではこの頃から江頭の好感度が非常に高かったこともYouTube登録が急速に伸びた要因でもあるだろう。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】