JVCケンウッドとゼンリン、ゼンリンデータコムは2月7日、ドライブレコーダーで撮影した映像や走行軌跡情報といったプローブデータを活用することで業務用車両向け次世代テレマティクスサービスの提供を目的とした、業務協働に関する覚書を締結したと発表した。

今回、締結した業務協働ではゼンリンが提供する詳細な地図データをもとに、ゼンリンデータコムのテレマティクスシステムにJVCケンウッド製の通信型ドライブレコーダーや、次世代IoT配車システム「CABmee」を搭載したタクシーが蓄積したプローブデータを活用する。

業務協働のイメージ

業務車両を運転するドライバーや事業者に向けた事故低減のための具体的なアドバイスを行うなど、安心安全のためのきめ細やかな情報提供を目指すことに加え、実際にタクシーやトラックが走行した道路のデータを分析することから、それぞれの業務に合わせた経路探索が可能となり、タクシー事業者やそ乗客、トラックなどの運輸業者にとっても利便性の向上が図れるという。

3社は、業務協働を足掛かりにJVCケンウッドのタクシー配車システムに関する知見やノウハウ、「車載」「映像」「無線」技術などの強みを、ゼンリンおよびゼンリンデータコムが持つ地図を利用した技術・ノウハウと融合させることで、幅広い業務用車両向けの次世代テレマティクスソリューションを拡大していく方針だ。