山口が経験豊富な武岡獲得!21歳で6年ぶり日本復帰逆輸入MFの加入も発表

写真拡大

 レノファ山口FCは10日、ヴァンフォーレ甲府を契約満了となっていたDF武岡優斗(33)と、東京ヴェルディジュニアユース出身でオランダなどでプロキャリアを歩んでいたMF古賀俊太郎(21)の2選手を獲得したと発表した。

 武岡はこれまでJリーグ通算220試合出場のキャリアを持つ。昨年も甲府でJ2リーグ戦25試合に出場していた。クラブを通じ「レノファ山口のために精一杯頑張ります!年間を通してみれば、必ず、良い時もあれば悪い時もあると思います。どんな時も一緒になって、共に戦いましょう!」とコメント。

 古賀は高校生の時にイングランドに渡り、レスターシティユースでプレー。その後はオランダ、ベルギー、ラトビアでプレーしていた。6年ぶりの日本復帰となる21歳は「1日でも早くファン・サポーターの皆さんの前でプレーできるように頑張ります」と意気込んだ。