Facebookは2月4日(米国時間)、「Giving Parents Even More Control in Messenger Kids - About Facebook」において、Messenger Kidsにおける監視機能を強化したと伝えた。Facebookはペアレンタルコントロール可能な子供向けのメッセージングアプリ「Messenger Kids」を提供している。Facebookによると、3人中2人の親はペアレンタルコントロールの強化を望んでいるおり、それに応える形で追加のツールや機能を発表したとしている。

ペアレンタルダッシュボードには、次の機能が追加されている。

子供が最近誰とチャットしたのか、内容はメッセージかビデオチャットか、過去30日間の会話頻度などを確認できる連絡先およびチャット履歴機能

子供が送受信した受信トレイの画像や動画のチェック機能。適切ではないと感じた場合は削除および報告が可能

子供がアプリで行った報告およびブロックのアクションリストへのアクセス機能。子供が誰かをブロックまたは報告した場合は、メッセンジャーを介した通知も引き続き行われる

子供がMessenger Kidsにログインしているすべてのデバイスを表示し、任意のデバイスアプリからのログアウトの実施

子供のMessenger Kids内データのダウンロード

資料: Facebook

Messenger Kidsにおける子供のデータが広告に使用されることはないとされている。また、Messenger Kidsはこれまでと同様に広告は表示されず、アプリ内購入もないとしている。