スズキ新型ハスラーのフロント(筆者撮影)

2019年秋の東京モーターショーで初公開され、2020年初に発売されたスズキの軽自動車「ハスラー」。そのデザインについては、特にエクステリアはキープコンセプトという意見が多い。


東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

筆者もモーターショーで見たときは、そういう印象を抱いた。しかし先日、報道関係者向け試乗会でじっくり観察すると、さまざまな部分が変わっていることを発見した。

試乗会場ではエクステリアデザインを担当した四輪デザイン部四輪エクステリア課の高羽則明氏、四輪インテリア課の竹口久志呂氏に話を聞くことができたので、両者の話を交えながら紹介していこう。

スタイリングをやり直した

新旧ハスラーを比べてまず目につくのは、リアドアの後ろにもうひとつ窓、つまりリアクォーターウインドーが追加され、2トーンカラーの場合はルーフだけでなく、この窓とリアウインドー周辺もルーフと同色になったことだ。この理由について高羽氏に聞くと、予想もしなかった答えが返ってきた。

「当初はもっとキープコンセプトだったのですが、途中で大胆に変えたほうがいいという意見が出るようになり、スタイリングをやり直したのです。その過程でリアクォーターウインドーの追加と2トーンカラーの塗り分け変更を導入したのです」


新型ハスラーの後ろ姿(筆者撮影)

試乗会のプレゼンテーションでは、新型のエクステリアデザインについて、ひと目でハスラーとわかる個性的なキャラクターとタフで力強いスタイルの融合と説明していた。後半のイメージを盛り込んだ結果、前述のような刷新に結びついたようだ。

クロスカントリー4WDと呼ばれていた昔のSUVでは、ボディと別体のソフトトップやハードトップを装着した姿がポピュラーだった。現在新車で買えるSUVでこのような構造を持つのはジープ「ラングラー」ぐらいだが、かつては同じスズキの「ジムニー」や「エスクード」にも同様のボディがあり、それらのイメージを取り入れたようだ。

タフな方向へシフトしたのはリサーチの結果だった。旧型が発売された2014年は、アウトドアファッションは実際にキャンプなどに行く人がまとうことが多かったが、最近は街中でハードなスペックのウェアを着たり時計をつけたりというコーディネートが目立つようになった。そんな時代の変化を反映したそうだ。


旧型ハスラーの外観(筆者撮影)

ボディサイドでは、旧型はサイドウインドーのすぐ下で前後フェンダーを盛り上げつつ、黒い樹脂部分の周囲を窪ませるなど、かなり凝った造形だったが、新型は全体で張りを表現する手法になった。

ハッチバック車的な面構成だった旧型に対し、新型はSUVっぽい面の作り方になったという感じがした。この進化の過程はジムニーに似ている。ジムニーはプロユースであり、ライフスタイルを提案するハスラーとはコンセプトが違うという説明もあったが、四角いクルマを好むトレンドを参考にしたという点では共通しているだろう。

ヘッドランプとグリルは旧型の配置を踏襲

それ以外ではフロントドアの三角窓がなくなり、ドアミラーがドアパネルから生えるタイプになったことに気づく。最近の自動車では珍しかったフロントドアの三角窓は、ピラーをやや後ろ寄りにすることで不要になった。ドアミラーは運転支援用センサーの装着を考えた結果でもあるだろう。

それでもハスラーだとひと目でわかるのは、ヘッドランプとグリルのおかげだ。デザインを進める段階では、ヘッドランプとグリルをつなげる案もあったそうだが、それではハスラーに見えないということで旧型の配置を踏襲したという。縦長のリアコンビランプとバンパーに装着したナンバープレートというリアビューも同じだ。

当サイトで以前紹介した現行ジムニーも、初代や2代目のデザインのモチーフを巧みに取り入れ、ジムニーらしさを高めることに成功している。スズキは国内自動車ブランドの中では、こうしたアイデンティティの表現がうまい。

ボディカラーは11色で、ホワイトルーフが3色、ガンメタルーフが3色、単色が5色という内訳だ。このうちガンメタルーフと組み合わせるバーミリオンオレンジとデニムブルーを新色として導入した。

当日は雨天だったので暗めに見えたことは否めないが、オレンジは旧型より濃く、ブルーも渋めだった。ピンクは旧型の途中で色調が変わっていて、それと同じ色だという。全体的に落ち着いた色が多くなっている。これも近年のトレンドを反映したものだと高羽氏はいう。

「最近は街中でアウトドアファッションを楽しむ人が増えてきたことで、都市の中でも違和感のない落ち着いた色が多くなっていると感じています。日々の生活に馴染む色という意味も込めて設定しました」

バンパーについては、旧型は当初シルバーで塗り分けていたが、途中で登場させた特別仕様車でボディ同色としたところ評判がよかったので、新型はボディ同色に切り替えたという。

大きく変わったインテリア

インテリアは大きく変わったと多くの人が思うだろう。2案あったうちの個性が強いほうを選んだそうで、竹口氏は以下のように説明した。


新型ハスラーのインパネ(筆者撮影)

「タフなイメージをアピールするために、スポーツウォッチのベゼルを思わせる処理でメーター、ディスプレイ、アッパーボックスを囲みました。しかし旧型からすべてが変わったわけではなく、インパネ上下を横方向に走るパイプ風の処理は引き継いでいます」

9インチという大型のディスプレイは、ホーム画面ではナビ、車両情報、オーディオが色分けして表示してあり、それぞれの部分をタッチすると拡大される。日本車のディスプレイとしてはセンスがよく使いやすいものだった。

シートは旧型ではブラックのファブリックに3色から選択可能なパイピングを組み合わせるという英国車のような仕立てだったが、新型は「クロスビー」と同じように、ファブリックの両サイドにインパネと同じ3タイプの色を入れる手法に変え、ブラックの部分には細かい模様を入れた。


新型ハスラーの前席(筆者撮影)

気になったのはドアのアームレストを含め、色が入るのが前席のみであることと、ブラックのファブリックに入れた柄があまりアウトドアっぽく感じなかったことだ。裏を返せば旧型は、エクステリアを含めて日本車離れしたデザインのクルマだったと今にして思う。

フロントシートがベンチタイプからセパレートタイプに変わったことも新型の特徴だ。こちらはボディ側面を平面に近づけた結果、室内幅が広がったことで可能になったとのこと。ホールド性に優れるセパレートシートが好みというのが竹口氏の言葉だった。


新型ハスラーの荷室(筆者撮影)

新型はホイールベースも35mm長くなっており、その分後席空間が広がっているとのことだが、旧型も身長170cmの筆者が楽に足を組める空間はあったので、大差があるとは感じなかった。その後方にある荷室は、取り外しできるアンダーボックスがついたことがニュースで、アウトドアシーンで重宝しそうなアイテムだった。

しっりした乗り心地と静粛性

最後に走りについて触れておくと、まず感じたのはスズキ初の構造用接着剤などを用いることで捻り剛性30%、曲げ剛性20%の向上を果たしたボディ剛性のおかげだろう、乗り心地がしっとりしたことだ。骨っぽい乗り味だったと記憶している旧型とは一変した。

足回りがしっとり動くようになったことで、コーナーでは上屋の重さが気になることがあったのも事実だが、背は高いもののグリップは安定しており、シートの着座位置は低いので不安はなかった。


新型ハスラーの自然吸気エンジン(筆者撮影)

もう1つ感じたのは静かさ。とくに新開発の自然吸気エンジンとCVTの組み合わせは、すぐに回転が上がって騒々しくなることはほとんどない。リニアに回転が上がり加速していく。ターボも静かで、以前よりもなだらかに力を盛り上げるようになった。

スズキの軽で初のアダプティブクルーズコントロール、車線逸脱抑制機能は、いずれも不満のない作動を示してくれたので、高速道路を使ってのロングドライブでの快適性は、大幅に高まったと言えるだろう。