横浜FMに加入したFWオナイウ阿道

写真拡大

[2.8 富士ゼロックススーパー杯 横浜FM3-3(PK2-3)神戸 埼玉]

 優勝メンバーに加わり、新天地デビューを飾った。横浜F・マリノスは新戦力のFWオナイウ阿道を先発起用。チームの戦術に適応を図っている段階だが、「戦術は少しずつ理解してきていると思う。チームのやることプラス、自分の特徴を出していけたら」と前を向いた。

 センターフォワードを務めたオナイウは前半8分、MFマルコス・ジュニオールのスルーパスに抜け出し、PA内左から左足を振り抜いたが、シュートは惜しくもゴール右へ。前線からの守備でも貢献したが、前半のみで途中交代となった。

「前半はビルドアップだったり、チームとして硬かった部分もあった。個人としてももっとボールに関わりながらプレーできたらいいと思うし、ゴール前でチャンスになるシーンを作り出すプレーができたらよかった」

 後半開始から自身に代わって最前線に入ったFWエリキ、FWエジガル・ジュニオら強力FW陣とのポジション争いが待っているが、「どこのチームにいっても競争はある。他の選手とは違った良さをアピールして、使ってもらえるように頑張っていきたい」と意気込んだ。

 浦和からレンタル移籍した18年はJ2山口で22得点、19年は大分で10得点を挙げ、昨年はA代表にも初選出された。今季、浦和から完全移籍で加入。「選手同士がコミュニケーションを取り合って、プレー以外でもポジティブな部分がたくさんあるチーム。外から見ていた時よりも中に入ってみて、雰囲気の良さだったり、チームの一体感を大切にする意志を感じられる」と新天地の印象を語った。

(取材・文 佐藤亜希子)