札幌に新戦力…ベルギーからタイ代表GKが期限付き移籍で加入

写真拡大

 北海道コンサドーレ札幌は8日、OHルーヴェン(ベルギー)からタイ代表GKカウィン・タンマサッチャーナンが期限付き移籍で加入することを発表した。

 カウィン・タンマサッチャーナンは1990年生まれの30歳。ラパチャFCやムアントン・ユナイテッドFCなどタイ国内クラブでプレーした後、2018-2019シーズンからOHルーヴェンに活躍の場を移した。

 期限付き移籍にあたり、カウィン・タンマサッチャーナンは札幌の公式HPにて以下のようにコメントしている。

「札幌の皆さん、宜しくお願い致します。カウィンです。北海道コンサドーレ札幌でプレーするチャンスをいただき、感謝しています。まずは、チームに合流して監督の戦術の理解に励みながら、チームメイトと早く溶け込めるようにコミュニケーションを取っていきたいです。自分がチームの戦力になれるように頑張ります」