川崎から名古屋へ移籍してきた阿部。J1で3度の優勝経験を持つアタッカーだ。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 タイでの1次キャンプを終え、沖縄で2次キャンプを行なっている名古屋グランパスは、ギラヴァンツ北九州と45分×3で対戦した。

 名古屋は、新戦力のMF阿部浩之が得点を挙げたほか、成瀬竣平、前田直輝、ガブリエル・シャビエル、さらにU-18チームの村上千歩と、榊原杏太が得点を挙げ、6−1で北九州を下した。

 宮崎でキャンプを張るヴァンフォーレ甲府は、町田ゼルビアと対戦。45分×3で行なわれた試合は、太田修介と練習生が得点を挙げ、2−0で甲府が勝利を収めた 

 V・ファーレン長崎はツエーゲン金沢と45分×4で対戦。新加入の氣田亮真が2ゴール、加藤聖が1ゴールを挙げたほか、カイオ・セザールやビクトル・イバルボがゴールを決める。金沢の中央大卒の新戦力FW加藤陸次樹に得点を許すものの、トータルスコア5−1で長崎が勝利を収めた。
 

 高知でキャンプ中のアルビレックス新潟は、J3のカターレ富山と対戦。45分×2で行なわれた試合は、オウンゴールと富山の武颯、戸根一誓に得点を許し、3点を先行される。終了間際にシルビーニョの得点で1点を返すが、トータルスコア1−3で新潟は富山に敗れた。

 本日の主なトレーニングマッチの結果は以下の通り。

名古屋6−1北九州
甲府2−0町田
長崎5−1金沢
新潟1−3富山

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【名古屋新加入選手PHOTO】優勝を目指し積極補強!注目の3選手を一挙紹介!