相樂亨氏は20シーズンからアシスタントVAR担当審判員に

写真拡大

 日本サッカー協会(JFA)は7日、2020シーズンに新たに1級となる審判員を発表。また19シーズン限りで1級審判員を退いた審判員も伝えている。

 サッカー新1級審判員は3名。宗像瞭(北海道サッカー協会)、梅田智起(埼玉県サッカー協会)、山下良美(東京都サッカー協会)が加わった。女子新1級審判員は、渡邉杏紗(宮城県サッカー協会)、谷本菜々子(岡山県サッカー協会)、荒木裕里香(広島県サッカー協会)、厚地梨央(鹿児島県サッカー協会)の4名となる。フットサル新1級審判員は今回該当者はいない。

 19シーズンで1級を退いた審判員は、男子が11名、女子が2名、フットサルが1名。男子では相樂亨と村上孝治が1級を退き、20シーズンから始まるビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)のアシスタントVAR(AVAR)担当審判員となる。

以下、新1級審判員と女子新1級審判員

・新1級審判員

宗像瞭(ムナカタ・リョウ/北海道サッカー協会)

梅田智起(ウメダ・トモユキ/埼玉県サッカー協会)

山下良美(ヤマシタ・ヨシミ/東京都サッカー協会)

・女子新1級審判員

渡邉杏紗(ワタナベ・アズサ/宮城県サッカー協会)

谷本菜々子(タニモト・ナナコ/岡山県サッカー協会)

荒木裕里香(アラキ・ユリカ/広島県サッカー協会)

厚地梨央(アツヂ・リオ/鹿児島県サッカー協会)

以下、19シーズンで1級を退いた審判員

・1級審判員

伊東知哉(1級登録/2002年)

相樂亨(2002年)※

河合英治(1998年)

木内裕也(2015年)

小椋剛(1999年)

西村隆宏(2014年)

今岡洋二(2008年)

内田康博(2012年)

鹿島裕史(2015年)

作本貴典(2008年)

村上孝治(1998年)※

※相樂、村上審判員はJリーグでAVAR(アシスタントVAR)担当審判員になる

・女子1級審判員

小田千絵美(2016年)

助廣那由(2012年)

・フットサル1級審判員

浅野真也(2015年)