麻薬取締法違反に問われた俳優の沢尻エリカ被告(33)に、東京地裁はきのう6日(2020年2月)に懲役1年6か月、執行猶予3年の判決を言い渡した。裁判長は説諭で、「他人を思いやる心が十分ではなかったのではないか。1人の社会人として、年齢相応に生きるように」と諭した。沢尻は「人生を見つめ直していきます」という直筆のコメントを出した。

初公判では「女優への復帰は考えていない」と語っていたが、芸能・テレビ界の裏では「彼女は引退とはいっていない。復帰の準備が進んでいる」とまことしやかにいわれているらしい。

コカイン所持で有罪判決を受けた俳優のピエール瀧、未成年女性との飲酒・淫行が明るみに出て姿を消していた俳優の小出恵介も、復帰していることから、沢尻元いうことになっているらしい。

勝新太郎はスキャンダルまみれでも最後まで引く手あまた

キャスターの立川志らく「一度スポットライトを浴びたら、やめられないと言いますからね」

正能茉優(社会起業家)「線引きが必要だと思います。誰でも見られるテレビとSNSとでは違う」

山崎大祐(「マザーハウス」代表)「復帰を決めるのは本人じゃない。いろんな人を巻き込んでるはずだし」

志らく「勝新太郎さんなんか、消えなかった。見たい人がいる。見たら忘れられない芝居をしてくれる。不祥事で消えちゃう人は、その程度の実力ということですよ」