徳島MFシシーニョが愛媛へ

写真拡大

 愛媛FCは7日、2019年シーズン限りで徳島ヴォルティスを退団したMFシシーニョ(33)が完全移籍で加入することを発表した。

 スペイン人のシシーニョはスペインの複数クラブや韓国、ポーランド、ギリシャでプレーしたのち、2017年に岐阜へ完全移籍。2018年には徳島に完全移籍し、同シーズンはJ2リーグ戦37試合で1得点を挙げた。しかし、昨季は負傷の影響で1試合の出場にとどまり、今年1月5日に契約満了が発表されていた。

 愛媛加入にあたり、クラブ公式サイト上で「愛媛FCへ加入できてとても嬉しく思います。まずはチームの目指すサッカー、そしてチームに早くなじみたいと思っています。素晴らしい監督・スタッフ・選手がいるこのチームでは、絶対に楽しくて面白いサッカーができると思います。自分のプレーでチームの雰囲気、そしてサポーターを沸かせられるよう頑張ります。サポーターの皆さんも一緒にこのチームを盛り上げていきましょう」と挨拶している。

以下、クラブ発表プロフィール

●MFシシーニョ

(SISINIO)

■生年月日

1986年4月22日(33歳)

■出身地

スペイン

■身長/体重

168cm/60kg

■経歴

バレンシアB-ヘラクレス-バリャドリード-ウェルバ-バリャドリード-オサスナ-水原市庁(韓国)-KKSレフ・ポズナン(ポーランド)-ベリア(ギリシャ)-岐阜-徳島

■出場歴

J2リーグ:77試合1得点

天皇杯:3試合1得点