東京五輪を目指す若きフットボーラーたち(9)
名古屋グランパス・相馬勇紀@後編

 東京オリンピックイヤーとなる今シーズンの、J1の注目選手のひとりだ。圧巻のスピードでサイドを切り崩し、クロスどころかフィニッシュまで持ち込んでいく。速攻を狙いとするマッシモ・フィッカデンティ監督にとって、相馬勇紀は欠かせない戦力だろう。

 鹿島アントラーズ時代のことや今季の名古屋、東京五輪代表チームについて聞いた前編に続き、後編ではプレースタイルのルーツや将来の展望について話を聞いた。

「名古屋グランパス・相馬勇紀@前編」はこちら>>>

「東京五輪を目指す若きフットボーラーたち」(1)から読む>>>


FW相馬勇紀(そうま・ゆうき)1997年2月25日、東京都生まれ。早稲田大学出身

―― U−23アジア選手権の最終戦のあと、相馬選手が「今大会出た課題や悔しさを、この次、たとえメンバーが変わっても共有しなきゃいけない」と話していたのが印象に残っています。今大会中もコミュニケーションを取っていたと思いますが、もっと深い部分で話し合わなければいけなかった?

相馬勇紀(以下:相馬) コンスタントに選出されているメンバーに聞いても、「選手同士でこんなに話したことはなかった」と言っていたので、コミュニケーションは取れていたと思います。ただ、結果が出なかったことがすべてかなと。勝っていれば「あれだけコミュニケーションを取ったおかげ」となりますからね。

―― サウジアラビアとの初戦の後半アディショナルタイムにミスから決勝点を奪われ、精神的に難しくなった面もあったと思います。

相馬 そうですね。(グループステージで敗退するか勝ち抜くかは)紙一重の部分はあったと思うんですけど、負けた以上、足りなかったものがあるはず。そういう意味では、もっと具体的な話を増やしたほうがいいかなと思います。

 ミーティングで対戦相手の分析を教えてもらっていますけど、練習時間がそんなにないので、選手同士でもっと自分の特徴を伝え合って信頼関係を深めなければ、いい崩しや連係は生まれない。どのタイミングで、誰がどうゴール前に入ってくるのか、とか。

―― U−23代表では最年長ですが、チーム内でリーダーシップを取ったりするのですか?

相馬 コミュニケーションは取りますけど、あまりそういうタイプではないですね。でも、声をかけなきゃいけないところはかけています。僕はいろんな選手と仲がよくて、たぶんみんなコミュニケーションを取りやすいと思うので、そういう立場でやっていけたらと思っています。

―― U−23アジア選手権であらためて感じたのは、相馬選手は速いだけでなく、強いということ。小柄なのに、相手に身体をぶつけられても倒れない。力強さ、粘り強さを感じました。日本にはなかなかいないタイプだと思います。

相馬 そうした強さは(三菱)養和で身につけたものですね。もともと養和は個人の特徴を伸ばすという指導コンセプトなので、ドリブルを伸ばすことができたんです。

 高3の時、全国大会(日本クラブユース選手権U−18)で優勝したんですけど、同期の仲間がトレーニングをして身体を鍛えていて。僕は負けず嫌いなので、当たり負けするのが嫌で、身体も鍛えるようになりました。

―― 筋トレをやりすぎるとスピードが落ちる、という怖さはなかったですか?

相馬 なかったですね。それはやり方が悪いのか、ほかのトレーニングで補えていないのかわからないですけど、僕は重くなってスピードが落ちたと感じることはなかったです。

―― 高校時代に主力として全国大会優勝を成し遂げた。でも、高卒でプロになれず、大学に行った。この経験は、相馬選手にとって挫折と言えますか?

相馬 いや、挫折ではないですね。現実的に高卒でプロに入るイメージを持てていなかったので、最初から大学に行こうと思っていました。

―― 早稲田大学を選んだのはなぜ?

相馬 サッカースタイルが自分に合うと感じましたし、監督の古賀(聡)さん、今はグランパスのU−18の監督なんですけど、練習会に参加して話をさせてもらった時にすばらしい方だなって感じて。あとは単純に、早稲田ってネームバリューもあるじゃないですか(笑)。

―― 三菱養和では自分の武器を伸ばしてもらった。早稲田では何を?

相馬 いろいろあるんですけど、今思うと、一番は人間性ですかね。具体的に言うのは難しいんですけど。人として、まずしっかりするとか、ピッチ内でも文句を言わないとか。自分と向き合うことの大切さだったり、チームを背負うことの責任だったり、監督や先輩からいろんなことを教わりましたね。

―― これまでのインタビューのなかでも「五輪に出たい」と公言していますが、相馬選手のキャリアにおいて、東京五輪はどう位置づけていますか?

相馬 自分にとって、ひとつのターニングポイントになる大会かな、と思っていますね。もちろん出たい想いは強いですけど、出るだけじゃなくて優勝したいというか、優勝する大会だと思っています。

―― 金メダルを獲らなきゃいけない?

相馬 僕は、何々しなきゃいけないっていうのはあまり好きじゃなくて。使命だからやるわけじゃないし。サッカーが好きだし、純粋に優勝したいから、優勝するために戦いたいですね。ただ、そのためにはここ(グランパス)での練習が大切になる。五輪までに日数はそんなにないということを、肝に銘じて日々やっていきたいです。

―― 東京五輪の先にはワールドカップというのを当然、思い描いていると思いますが、将来の夢は?

相馬 夢というか、いつか絶対にプレミアリーグでプレーして活躍するっていうのは思い描いています。

―― 昨年夏、一緒にプレーしていた菅原由勢選手(現AZ)がU−20ワールドカップで活躍して、オランダに移籍しました。どんな想いで眺めていた? うらやましさ? 焦り?

相馬 いや、ほかの人がどうこうはあまり考えないタイプなので、とくには。由勢は試合に出られなくてもがんばっていたし、向こうでさっそく結果を出したので、純粋にがんばっているなって。いつか向こうで一緒にやれたらいいな、とは思いますね。

―― では最後に、グランパスでは今年をどんなシーズンにしたいですか?

相馬 去年は1年目という難しさもあって、なかなか結果を出せなかったんですけど、移籍して、ケガはありましたけど、成長して帰ってきたと思っています。

 チームにはすばらしい選手が多いですけど、彼らをリスペクトしながらも、しっかりスタメンを掴み取って試合に出て、チームを勝たせる選手になりたい。ほかの選手に助けられるんじゃなくて、自分がチームを毎試合勝たせられるようにがんばりたいですね。

―― これまではスーパーサブとして起用されることが多かった。スタメンを掴み取るには、何が必要でしょう?

相馬 まずは練習で結果を出すこと。途中から起用されても、結果を出し続ければスタメンになれるものだと思っています。スタメンでも自信はあるので、日々の練習からアピールしていきたいですね。

【profile】
相馬勇紀(そうま・ゆうき)
1997年2月25日生まれ、東京都調布市出身。三菱養和SCユースから早稲田大学に進学。在学中に名古屋グランパスの特別指定選手に登録され、2018年8月にJリーグデビューする。2019年6月に行なわれたトゥーロン国際ではU−22日本代表の準優勝に貢献し、大会ベストイレブンを受賞。同年12年には日本代表にも選ばれ、中国戦で初出場を果たす。ポジション=FW。165cm68kg。