弥生と千葉銀行は2月6日、弥生が提供する口座連携機能と千葉銀行が提供する参照系APIとの公式連携を開始した。今回の連携により、千葉銀行に個人口座を持ち、弥生会計ラインアップ(弥生シリーズのクラウドアプリケーションとデスクトップアプリケーション)の利用ユーザーは、弥生の口座連携機能上で千葉銀行個人口座の普通預金残高や取引明細を正確かつ安全に取得できるという。

参照系API連携の概要

千葉銀行のログインIDやパスワードを弥生会計ラインアップに保存することなく都度入力も不要で、効率的な会計業務を行うことを可能としている。今回は個人口座のみの連携だが、法人口座のAPI連携は5月を予定し、それまで法人顧客は従来通りスクレイピング接続による口座連携を利用できる。