三井情報(MKI)は2月6日、Box Inc.が提供するクラウド・コンテンツ・マネジメント・プラットフォーム「Box」上にアップロードしたデジタルコンテンツに対し、AIエンジンを用いて自動でタグ付けを行う「AI Auto-Tagging for Box」を、Box Skills Kitと連携したサービスとして提供を開始したことを発表した。

利用イメージ

同機能は、Box上で決められたフォルダにデジタルコンテンツをアップロードするだけで、AIが自動でタグ付けを行うもの。決められたフォルダ以外に保存したデジタルコンテンツも、Boxにある特定のフォルダやファイル上でAI処理を指示すればタグ付けされるという。

タグの種別はAIによる画像認識で決定するため、属人的な判断に依存せず正確かつ簡単に大量のデジタルコンテンツのタグ付けを行うということだ。

利用するAIエンジンはMKIが独自に開発したもので、ポケモンとの共同検証ではさまざまなポケモンキャラクターを区別してタグ付けできることを確認したという。

また、Microsoftが提供するCognitive Servicesとの連携も可能で、言語、音声、Web検索や意思決定に関わる内容についてもAIによる様々な判断が行えるということだ。