アニメ映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』市川染五郎×杉咲花、少年少女の青春ストーリー

写真拡大

劇場オリジナルアニメーション『サイダーのように⾔葉が湧き上がる』が、2021年6月25日(金)に公開。

イシグロキョウヘイが描く、少年少女の青春グラフィティ

『サイダーのように⾔葉が湧き上がる』は、『四⽉は君の嘘』『クジラの⼦らは砂上に歌う』を手掛けたイシグロキョウヘイ監督によるオリジナルアニメーション。⾔葉×⾳楽をキーワードに今回彼が描いたのは、サイダーのように⽢く弾ける、少年少⼥たちの⻘春グラフィティ。⼈とのコミュニケーションが苦⼿な俳句少年と、コンプレックスを隠すマスク少⼥が出会うことで始まる、ひと夏の物語が描かれる。

<ストーリー>

17回⽬の夏、地⽅都市――。コミュニケーションが苦⼿で、俳句以外では思ったことをなかなか⼝に出せないチェリーと、⾒た⽬のコンプレックスをどうしても克服できないスマイルが、ショッピングモールで出会い、やがてSNSを通じて少しずつ⾔葉を交わしていく。ある⽇ふたりは、バイト先で出会った⽼⼈・フジヤマが失くしてしまった想い出のレコードを探しまわる理由にふれる。

ふたりはそれを⾃分たちで⾒つけようと決意。フジヤマの願いを叶えるため⼀緒にレコードを探すうちに、チェリーとスマイルの距離は急速に縮まっていく。だが、ある出来事をきっかけに、ふたりの想いはすれ違って̶̶。物語のクライマックス、チェリーのまっすぐで爆発的なメッセージは⼼の奥深くまで届き、あざやかな閃光となってひと夏の想い出に記憶される。

メインキャラクター/キャスト

物語をリードする、メインキャラクターのチェリーとスマイル。互いにコンプレックスを抱える高校生のふたりには、歌舞伎界の新星・⼋代⽬ 市川染五郎、『楽園』『パーフェクトワールド 君といる奇跡』の杉咲花が、それぞれ声をあてる。

チェリー(CV:市川染五郎)
俳句が趣味の17歳の男子高校生。人と会話することは苦手であるが、俳句で気持ちを詠むのは得意で、短文型SN S「キュリオシティ」に自作の句を投稿し続けている。緊張すると赤面して、うまく声が出せなくなるのがコンプレックス。近所のショッピングモール内にあるデイサービス「陽だまり」でバイトをしている。

スマイル(CV:杉咲花)
動画配信サービス「キュリオ・ライブ」で大人気の現役JK配信主。明るくておしゃべり好きだが、矯正中の大きな前歯がコンプレックスで、人前では常にマスクをしている。ショッピングモールで動画配信中、チェリーとぶつかってマスクが外れてしまい、前歯を見られてしまう。その事件をきっかけにチェリーとの関係が深まって──。

キャラクター像に“当てはまった”2人の声

この2人の配役は、イシグロキョウヘイ監督のオファーによって実現したもの。ヒロインのスマイル役については、シナリオ執筆時からキャラクター像と杉咲花が一致したと答える監督。一方主人公のチェリーについては、なかなか配役が決まらない中、歌舞伎の芝居の鑑賞中に、市川染五郎の“声”に出会い“一致”したという。なお本作は、市川にとって映画デビュー作であり、初主演、初声優に挑む新たな挑戦の場。歌舞伎で鍛え上げられたその確かな演技力に期待が募る。

個性豊かなキャラクター

2人を取り巻く、ユニークなキャラクターも合わせて紹介。声優界の大御所・⼭寺宏⼀をはじめ、神谷浩史、坂本真綾ら人気声優が集う豪華キャストにも注目だ。

フジヤマ(CV:⼭寺宏⼀ )
「陽だまり」に通う老人で、俳句の達人。耳が遠く、声がデカい。空っぽのレコードジャケットをいつも抱えていて、その中身を探し回っているが、どこに置いたか思い出せない。レコードには大切な記憶が秘められているようだが──。

ビーバー(CV:潘めぐみ)
ラテンアメリカ系の明るい少年で、チェリーの友人。日本語は読めるが書くのは苦手。その勉強のため、チェリーの俳句を街に落書きするのが趣味。ショッピングモールの屋上に、仲間とたむろする秘密基地を持っている。

ジャパン(CV:花江夏樹)
ビーバー、チェリーの友人。ショッピングモール内にあるリサイクルショップ「ハンドオフ」の店員。筋金入りのアイドルオタクで、人気配信主のスマイルのことも、キッズ・キュリオス時代から知っていた。

タフボーイ(CV:梅原裕⼀郎 )
フジヤマの孫で、ヤンキー気質な少年。祖父に似て声がデカいが、陽だまりスタッフのあき子の前ではしおらしくなる。自分の車でフジヤマの送迎をしているが、駐車中にビーバーによくラクガキされる。

ジュリ(CV:中島愛)
スマイルの姉。面倒見がよく、姉妹の中で一番のしっかり者。冬に受験を控えた受験生でもある。スマイルのコンプレックスに関しては自身の経験から理解を示しており、乗り越えてほしいと密かに応援している。

マリ(CV:諸星すみれ)
スマイルの妹。カワイイ見た目に似合わずガジェットが大好きで、パソコンの知識は三姉妹で一番。明るくこましゃくれた性格から、スマイルのことはプロデューサー的な視点で人気を拡大したいと企んでいる。

音楽

なお音楽制作を務めるのは、「マクロス」シリーズをはじめ、アニメーションの劇伴やアニソン制作において第⼀線を⾛り続ける⾳楽レーベルフライングドッグ。そんな同社の10周年記念作品となる本作は、『映画 聲の形』などの劇伴制作で知られる⽜尾憲輔が担当する。

さらに主題歌はnever young beachが手掛けることが決定。作品タイトルと同名になる楽曲「サイダーのように言葉が湧き上がる」を書き下ろした。また、劇中歌「YAMAZAKURA」は大貫妙子が提供するなど、豪華アーティストの参加が決定している。

詳細

『サイダーのように⾔葉が湧き上がる』
公開日:2021年6月25日(金)
※当初2020年5⽉15⽇(⾦)公開予定だった。
原作:フライングドッグ
監督:イシグロキョウヘイ
脚本:佐藤⼤
出演:市川染五郎、杉咲花、潘めぐみ、花江夏樹、梅原裕一郎、中島愛、諸星すみれ、神谷浩史、坂本真綾、山寺宏一
キャラクターデザイン:愛敬由紀⼦
⾳楽:⽜尾憲輔
アニメーション制作:シグナル・エムディ×サブリメイション
製作:『サイダーのように⾔葉が湧き上がる』製作委員会
配給:松⽵

■ムビチケ情報<新デザイン>
発売日:11⽉20⽇(⾦)
価格:1,500emm
販売場所:上映劇場


【写真付きで読む】アニメ映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』市川染五郎×杉咲花、少年少女の青春ストーリー

外部サイト