プラススタイルはスマート家電ブランド「+Style」から、スマートLED照明2製品を発表しました。+Style本店とPayPayモール店、Amazon店で2月5日から予約受付を開始し、2月下旬から出荷開始を予定しています。

「スマートLEDベッドサイドランプ(調光・RGB調色)」は、寝室での使用を想定したスマートLED照明。1677万色の無段階調色ができるほか、白色LEDの搭載によりきれいな白色を発色できるのが特徴です。色温度は電球色から昼白色まで選択可能。価格は4380円(税込み)。

「スマートLEDデスクライト(調光・調色)」は、自然光が当たったときの色味を100とする平均演色評価数(Ra)が85Raと、より自然光に近い色味のデスク環境が作れるスマートLED照明。配光範囲が広い22cmの平面発光設計により、目に優しく柔らかい照明を実現しています。設定した時間になるとライトが3回点滅して知らせる「インターバル」、「ON/OFF」、「スケジュール」の3種類のタイマーを「+Style」アプリから設定できます。価格は5200円(税込み)。

2製品とも、+Styleアプリを介して+Styleブランドのセンサーやスマートホーム機器と連携する設定が可能なほか、既に自宅にある家電はスマートリモコンやスマートプラグと組み合わせて連携させることが可能。たとえば、帰宅時に外出先から寝室のエアコンと照明をONにしたり、外出時に電源の消し忘れが気になる場合は外から照明や家電をOFFにする操作が可能。

同社は2019年のIoT商品人気ランキングを発表。上位にはスマートロックやロボット掃除機、スマートリモコン、スマート照明などスマートホーム機器がほぼ独占していることに触れ、2020年は同社のスマートホーム機器で“スマホ(スマートホーム)元年”にすると宣言。

スマートLED照明2製品の発売に合わせて、「ライト試して予約キャンペーン」と「スマートホーム はじめてセット」の提供を開始します。「ライト試して予約キャンペーン」は、スマートLED照明2製品を2月20日まで1000円OFFで販売。

「スマートホームはじめてセット」は、ベッドサイドランプとスマートリモコンを組み合わせた「寝室照明セット」、デスクライトとシーリングライトを組み合わせた「勉強最適化セット」など4種類のセットを、2月20日まで最大4000円OFFで販売します。

+Styleアプリでは、スマートフォンのGPS情報をトリガーにスマートホーム機器を操作するGPS連携機能が2月下旬から追加されることが発表されました。アプリから出発地や到着地のエリアを指定し、スマート家電の動作を設定する2ステップのみで利用でき、「外出したらロボット掃除機が掃除を開始、照明はOFF」「帰宅したらテレビやエアコン、照明がON」といった操作が可能になります。発表会では会場を自宅に見立てて、スマートフォンを持ったユーザーが会場エリアに到着すると機器の電源が一斉にONになる様子を実演しました。GPS連携機能はAndroid/iOSアプリのアップデートで順次利用が可能になり、追加料金は不要。

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』