Net Applicationsから2020年1月のタブレットにおける検索エンジンのシェアが発表された。2020年1月はGoogleとBingがシェアを減らし、BaiduとYahoo!がシェアを増やした。しかし、その変化幅は小さく、Googleが89%という圧倒的なシェアを保持している。

過去1年間におけるGoogleのシェア平均値は88.14%。勾配はわずかなものの、Googleはこの1年間でシェアを増やした。タブレットデバイスで使われる検索エンジンはますますGoogleに依存するようになりつつある。

2020年1月タブレット検索エンジンシェア/円グラフ - Net Applications

2020年1月タブレット検索エンジンシェア/棒グラフ - Net Applications