今季山口からレンタルバックした宮代。J1の舞台での活躍が期待される。写真:徳原隆元

写真拡大

 Jリーグのトレーニングマッチが2月5日、各地で開催された。

 沖縄で2次キャンプを行なっている川崎フロンターレは45分×3でギラヴァンツ北九州と対戦。脇坂泰斗、イサカ・ゼイン、田中碧、旗手怜央ら期待の若手たちがゴールを挙げるなど躍動。さらに登里享平も若手に負けじと得点を挙げている。北九州の加藤弘堅に1点を返されはしたが、トータル5−1で勝利を収めた。

 宮崎でキャンプ中のサンフレッチェ広島は45分×3で、韓国の強豪FCソウルと対戦。ドウグラス・ヴィエイラの得点で1本目を1−0で獲ると、2、3本目はスコアレスドロー。合計1−0で勝利を収めた。

 キャンプから本拠地に戻ったジュビロ磐田は、ヤマハ大久保グラウンドで2連戦を行なった。最初に対戦したのは、J3のAC長野パルセイロ。藤川虎太朗、ルキアンがゴールを決め2−0で勝つと、2戦目のJ3SC相模原との試合では、新加入のブラジル人FWルリーニャが得点し、1−0で勝利を収めた。
 
 その他、アルビレックス新潟はJ3のブラウブリッツ秋田とスコアレスドロー。ヴァンフォーレ甲府とファジアーノ岡山の対戦は1−1の引き分け。ツエーゲン金沢はJFLに所属するテゲバジャーロ宮崎と対戦し3−2で勝利を収めた。

 本日の主なトレーニングマッチの結果は以下の通り。

川崎5−1北九州
広島1−0FCソウル
磐田2−0長野
磐田1−0相模原
新潟0−0秋田
甲府1−1岡山
金沢3−2宮崎

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【川崎キャンプ PHOTO】オフ明けの初練習で精力的にメニューをこなす