Q-Successから2020年2月のWebサーバのシェアが発表された。2020年2月はNginx、Cloudflare Server、LiteSpeed、Google Serversがシェアを増やし、ApacheとMicrosoft IISがシェアを減らした。ApacheとMicrosoft IISは長期にわたり、シェアが減る傾向を示している。

WebサーバはNginx系が大勢を占め、長期にわたって増加する傾向を見せている。ただし、既存のApacheはNginxに移行するのではなく、一定割合がLiteSpeedへ移行している様子が見える。LiteSpeedの設定ファイルはApacheと互換性があるほか、置き換えるだけでパフォーマンスやスケーラビリティが向上することから、Apacheの後継サーバとして人気がある。

2020年2月Webサーバシェア/円グラフ

2020年2月Webサーバシェア/棒グラフ

Webサーバシェア推移グラフ - 資料: Q-Success

Q-Successは、上位1000万のWebサイト(2013年6月までの上位100万)を調査対象としており、Alexaによって提供されたWebサイトの人気ランキングの3カ月の平均順位を用いている。