AC長野パルセイロは5日、昨季限りで契約満了となっていたFW津田知宏(33)の移籍先がFCマルヤス岡崎に決定したことを発表した。

 津田は05年に名古屋の下部組織からトップ昇格し、5シーズン在籍した。徳島、横浜FCを経て18年から長野でプレーし、昨シーズンはリーグ戦18試合4得点、天皇杯1試合に出場。昨季限りで退団が発表されていた。

 新天地のクラブ公式サイトを通じて、「はじめまして、津田知宏です。この度FCマルヤス岡崎に加入させていただきました。サッカーができる喜び、感謝の気持ちを忘れず情熱をもって取り組みたいと思います。よろしくお願いします」とコメントを発表している。