【注意!】甘いものを食べると体がこげる!?

写真拡大

 皆さんは甘いものがお好きですか?

私は甘党なのでチョコレートなど大好きですが、最近は控えるようにしています。

甘いものを食べすぎると糖尿病のリスクだけでなく、体がサビついてしまい筋肉が硬くなってしまうからです。

この筋肉が硬くなってしまう事実を知らない人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、甘いものを食べすぎると体がサビついてしまう理由について説明をしていきます。

・今すぐ読みたい→
甘いものが止まらない!もしかしたらあなたも砂糖依存症かも!? https://cocokara-next.com/lifestyle/may-be-sugar-dependence/

体がこげるとはどういうことか


「こげる」と聞くと食べ物をこがすイメージをされる方が多いのではないでしょうか。

実際に体がこげることはありませんが、それと同じように甘いものを摂りすぎると筋肉や骨に悪影響を与えます。

それは「糖化」と呼ばれる作用が働くためです。

この糖化を引き起こす甘いもの=糖は、ブドウ糖と果糖が関わってきます。ブドウ糖は、砂糖や炭水化物が元になっており、果糖は清涼飲料水に多く含まれています。果物にも果糖はありますが、果物は果糖含有量がそれほど多くなく、食物繊維も含まれているため適量であれば食べても問題ありません。

ブドウ糖や果糖は体のエネルギー源として重要ですが、取り過ぎて体内で不要になってしまうとタンパク質と結びついて「AGEs(糖化最終生成物)」という老化物質に変わってしまいます。これが糖化と呼ばれる作用です。

老化物質であるAGEsは体内で分解されにくく、血管に溜まると動脈硬化を引き起こし、骨に溜まると骨粗しょう症を引き起こし、筋肉に溜まると本来持っている伸張性がなくなり硬くなってしまいます。

また、肌にも影響しシワやたるみの原因にもなります。

糖化を予防する方法

糖化してしまうと体には百害あって一利なしの状態です。

これを予防するのに重要なのは運動と食事になります。

運動については、有酸素運動と呼ばれる「軽い強度で長く続けられる運動」がおすすめです。

ウォーキングがあてはまりますが、ウォーキングをすすめると「1万歩、歩かなきゃダメ!?」と反応される方がいますが決してその必要はありません。

1万歩を無理なくできるのであれば実行していただいて大丈夫ですが、まずは現状よりも歩く機会を増やすことを意識してもらえれば十分です。

特に食後1時間以内のウォーキングはおすすめです。

食後1時間くらいで血糖値があがってきますが、そのタイミングでウォーキングなど軽い運動で糖を使ってしまえば血液中に糖は余らなくなります。

そうすると膵臓から出るインスリンの量も少なく済むため、膵臓の負担を軽減する意味でも食後の軽い運動がおすすめされます。

しかし、どんなに適切な運動ができていても食べすぎていては何の意味もありません。

いかに食事を気を付けるかが重要です。

糖が含まれる炭水化物やお菓子、清涼飲料水を摂り過ぎないことと食事の順番も意識してみてください。野菜から食べるようにすると食物繊維が糖の吸収スピードを和らげるため、血糖値の急上昇を抑えられます。

またGI値(グリセミックインデックス)と呼ばれる血糖値の上昇を数値化した指標がありますが、このGI値が低い食べ物を摂ることもおすすめです。

例えば朝食でパンを食べる方は多いと思いますが、小麦粉の食パンが91に対して全粒粉パンは50です。ほかにも白米が84に対して玄米は56とされています。

このように普段食べているものを変えるのも糖化を予防するいい対策になります。

私も最近は1駅分歩いたり、玄米などを意識的に摂るようにしています。

毎日の食事や運動を少しずつ変化させてみてはいかがでしょうか。

健康な体をいまのうちから作っていきましょう。

[文:JITANBODY 整体院(時短ボディ)(http://jitanbody.com/)]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

・今すぐ読みたい→
甘いものが止まらない!もしかしたらあなたも砂糖依存症かも!? https://cocokara-next.com/lifestyle/may-be-sugar-dependence/