先月16日(2020年1月)午後5時過ぎ、東京・品川区のJR大崎駅近くで起きた悪質なひき逃げをバスのドライブレコーダーがとらえていた。バスが止まるのを待って横断歩道を渡ろうとした専門学校生(19)に、バスを追い越してきたバイクが突っ込んで倒し、助けもせずに逃げ去った。警視庁がひき逃げ事件として捜査している。

横断中の女性に突っ込み逃げ去り

被害女性は「バイクには男の人が乗っていました。絶対に許せません」と怒る。女性は肩の脱臼と足の打撲で2週間のけがと診断され、3週間以上たった今も通院中だ。家族はドライブレコーダーの映像をSNSに投稿し、母親は「卑怯者、人間とは思えない」と怒りを語る。

さらに、バスの後ろにいた車のドライブレコーダーには、バイクが何台も後方から追い越しをかけた映像もあった。

司会の加藤浩次「考えられない運転ですよ。なんでこんなことをするのか」

大竹真リポーター「映像はナンバーと人間がわかるほど鮮明ではないのですが、交通事故鑑定人の中島博史さんは解析は可能と言っています。ひき逃げの検挙率は高い。逃げられはしません」