Net Applicationsから、2020年1月のモバイルにおける検索エンジンのシェアが発表された。2020年1月はGoogleがシェアを増やし、BaiduとBingがシェアを減らした。モバイル検索エンジンとしては、Googleがますます力を強めている。

第2位のBaiduのシェアは4.54%だ。Baiduはシェアの上下を繰り返しているが、この1年というスパンで見ると下落の傾向にある。モバイルにおける検索エンジン市場において、Googleがさらに支配的になっていく可能性がある。

2020年1月モバイル検索エンジンシェア/円グラフ - Net Applications

2020年1月モバイル検索エンジンシェア/棒グラフ - Net Applications