Net Applicationsから2020年1月のモバイルにおけるブラウザのシェアが発表された。2020年1月はChromeがシェアを増やし、Safari、Samsung Browser、QQがシェアを減らした。

モバイルブラウザのシェアはこの1年間ほぼ変わっていない。Chromeは63%から64%のあたりを上下する動きを見せている一方、Safariは27%前後を上下している。この2つのブラウザでモバイルブラウザのシェアをほぼ独占している。

ChromeとSafariのシェアの変動は、AndroidとiPhoneのシェア変動と大きく連動している。この1年間、AndroidとiPhoneのシェアはほとんど変わっていない。スマートフォンのユーザーはデフォルトのWebブラウザを利用する傾向があり、オペレーティングシステムの割合がそのままWebブラウザの割合として現れる傾向が見られる。

2020年1月モバイルブラウザシェア/円グラフ - Net Applications

2020年1月モバイルブラウザシェア/棒グラフ - Net Applications