「あの「伝染病シミュレーションゲーム」が新型コロナウイルスの影響で思わぬ注目、開発元が対応に苦慮」の写真・リンク付きの記事はこちら

新型コロナウイルスの感染の広がりに関心が向けられるなか、伝染病シミュレーションゲーム「Plague Inc.」の開発元である英国のNdemic Creationsが予想外の影響に見舞われている。伝染病を世界中に蔓延させて人類を滅亡へ導くこのゲームは8年前に発売されたが、この数週間で“人気”が沸騰したのだ。調査会社のApp Annieによると、中国では1月21日に、米国では1月23日に、それぞれiPhoneアプリとしてダウンロード数1位になっている。

急速な関心の高まりを受け、Ndemicは声明を発表した。新型コロナウイルスの感染拡大から身を守るうえでアプリを参考にしないようにと、プレイヤーに注意を促したのである。

新型コロナウイルスの関連記事“封鎖”された中国・武漢で、いま起きていること感染が拡大する新型ウイルスには、「突破口」も見えつつある「国際緊急事態」宣言で、いま世界が最も懸念すべきシナリオが見えてきた新型コロナウイルスの不安につけ込む「オンライン詐欺」が発覚、その悪意ある手口新型コロナウイルスについて、改めて知っておくべき「4つのこと」新型ウイルスの危険性を、人工知能が世界に先駆けて「警告」していた感染源は、本当に「市場のヘビ」なのか? 新たな論文を巡り波紋「武漢での封じ込め」では、もうウイルスの感染拡大は止められない

最新情報は公式TwitterをフォローFollow @wired_jp

「『Plague Inc.』は科学的モデルではなく、あくまでゲームです。現在の新型コロナウイルスのアウトブレイク(集団感染)は、膨大な数の人々に影響を及ぼしている本当に現実に起きていることです。それを忘れないでください」と、Ndemicは声明で述べている。「わたしたちはプレイヤーの皆さまが、それぞれの地域や国際的な保健機関から情報を直に入手することをお勧めしています」

同時にNdemicは、Plague Inc.が「現実世界の深刻な問題を大げさに表現することを避けながら、現実的で参考になるように考慮して設計されている」とも説明している。また、このゲームが教材として使われていることを強調した2013年の米疾病管理予防センター(CDC)のインタヴューについても触れている。

このインタヴューでは、同社がこのゲームのためにオンラインリサーチを実施したことが説明されている。さらに、「教師や大学教授がたびたび連絡をくれて、生物学的、経済的な概念を生徒に説明するうえで『Plague Inc.』をどのように使っているか教えてくれます」とも述べられている。

エボラの集団感染でも注目

Plague Inc.が現実世界の伝染病のニュースから“恩恵”を受けたことは、今回が初めてではない。2014年に発生したエボラ出血熱のアウトブレイクの際も、Ndemicは声明を発表している。

このとき同社は、ゲームが世界の健康問題に関する思いやりの醸成に貢献しているとも指摘していた。「疾患のアウトブレイクが発生するたびにプレイヤーが増加します。人々は疾患がどのように広がるかを知ろうとし、ウイルスのアウトブレイクの複雑さを理解しようとするからです」と、Ndemicは述べている。

今回は、このゲームへの関心があまりにも高まったことから、Ndemicは「プレイヤーの数が非常に多い」という理由でウェブサイトを一時的にオフラインにした。同社はまた「マルチプレイヤーとカスタムシナリオのサーヴァーが、プレイヤーの多さに対応するために四苦八苦している」とツイートしている。

Ndemicはプレイヤーに対し、新型コロナウイルスに関する最新情報は世界保健機関(WHO)から入手するように勧めている。

新型コロナウイルスの関連記事“封鎖”された中国・武漢で、いま起きていること感染が拡大する新型ウイルスには、「突破口」も見えつつある「国際緊急事態」宣言で、いま世界が最も懸念すべきシナリオが見えてきた新型コロナウイルスの不安につけ込む「オンライン詐欺」が発覚、その悪意ある手口新型コロナウイルスについて、改めて知っておくべき「4つのこと」新型ウイルスの危険性を、人工知能が世界に先駆けて「警告」していた感染源は、本当に「市場のヘビ」なのか? 新たな論文を巡り波紋「武漢での封じ込め」では、もうウイルスの感染拡大は止められない

最新情報は公式TwitterをフォローFollow @wired_jp