Q-Successから2020年2月のWebサイト向けCMS (Content Management System)シェアが発表された。2020年2月はWordPressとShopifyがシェアを増やし、CMSを使っていないサイトの割合は減少した。インターネットで配信されるコンテンツはますますCMSを経由して扱われるようになっている。

CMS市場においては、WordPressがシェア35.7%と2位のJoomlaの14倍近いシェアを確保している。WordPress以外のCMSはシェア維持もしくは減少を続けている。3位のShopifyはシェアは2.0%と少ないが長期にわたって増加傾向にある。現在の傾向が続いた場合、そう遠くない段階でShopifyがJoomlaを抜いて2位に上がる可能性がある。

2020年2月Webサイト向けCMSシェア/円グラフ

2020年2月Webサイト向けCMSシェア/棒グラフ

Webサイト向けCMSシェア推移グラフ - 資料: Q-Success

Q-Successは、上位1000万のWebサイト(2013年6月までの上位100万)を調査対象としており、Alexaによって提供されたWebサイトの人気ランキングの3カ月の平均順位を用いている。