NTTドコモ(以下、ドコモ)とシスコシステムズ(以下、シスコ)は2月3日、顧客の働き方改革の推進支援を目的に、クラウド型の電話システムにおける協業を開始することを発表した。

ドコモはシスコのクラウドサービスである「Cisco Webex Calling」、および固定電話や内線電話などの従来の電話システムとCisco Webex Callingを接続させることができるドコモのクラウド型電話ソリューションを、法人向けに3月2日より提供開始する。

サービスイメージ

「Cisco Webex Calling」は、クラウド型の電話交換機(PBX)機能を提供するもので、電話によるコミュニケーションに加え、Webex Teams、Webex Meetingsが提供するチャット、Web会議などと連携することにより、単一のユーザインタフェースで電話、チャット、Web会議、ファイル共有が可能になるサービス。

この協業により、Cisco Webex Callingとドコモのクラウド型電話ソリューションの連携が可能となり、ユーザーが利用中の従来の電話システムとCisco Webex Callingの音声通話サービスの接続ができるようになる。ユーザーは専用アプリをインストールするだけで、在宅勤務やリモートワーク先でも、会社の固定電話番号(0AB〜J番号)を用いた発着信ができるようになる。

これにより、自宅や出張先からでもPCやスマートフォン、タブレットから会社の固定電話番号を利用した発着信などがより簡易になり、在宅やリモートオフィス勤務といった多様な勤務形態の導入、働き方改革を通じた生産性の向上が期待できるとしている。

また、ユーザーは利用中の電話設備を継続利用しながら、並行してCisco Webex Callingを導入して検証できるため、利用中の電話設備から順次リプレイスしていくことでリスクを最小限に抑えた電話システムのクラウド化が実現できるとしている。

Cisco Webex Callingの提供開始日は3月2日、料金は個別見積もりとなる。