Net Applicationsから2020年1月のデスクトップにおける検索エンジンのシェアが発表された。2020年1月はGoogleがシェアを増やし、Bing、Baidu、Yahoo!がシェアを減らした。Googleは2019年11月と12月にシェアを下げたが、今回、以前と同じレベルまでシェアを戻した。

過去1年間の変動を見ると、Googleは73%から74%前後で安定しており、時折上下する程度の変動になっている。2位以降は2位のBingと3位のBaiduがそれぞれ11%および10%前後で推移しており、こちらも大きくは変化していない。デスクトップにおける検索エンジンとしてはGoogle、Bing、Baiduで95%近いシェアを握るという状況が続いている。

2020年1月デスクトップ検索エンジンシェア/円グラフ - Net Applications

2020年1月デスクトップ検索エンジンシェア/棒グラフ - Net Applications