JPCERT/CCは3日、日本国内でも感染事例が増加しているマルウェアEmotetの感染をチェックするツール「EmoCheck」をGithubに公開した。

Windows用のx86/x64のバイナリもソースコードとともに用意されており、使い方は公式ブログJPCERT/CC Eyesの「マルウエアEmotetへの対応FAQ」の2項目"2. Emotet の感染有無を確認するためにはどうすればよいですか?"に追記されている。

起動画面(GitHub内より)

昨年10月より国内でも増加している、実際のやりとりを引用するなど高度な、なりすましメールから感染を広げるEmotetについては、現在でも減少傾向が見られず、同ツールの公開に至っている。