日立ソリューションズは3日、スイスのScandit AGと、AI技術で複数のバーコードやQRコードを瞬時に高精度で読み取り、AR技術で業務システムの情報とリアル空間を組み合わせることができるソフトウェア開発キット(SDK)である、「Scandit」のライセンス契約を締結したことを発表した。

同社が提供する「フィールド業務情報共有システム」に、Scanditを組み込んだオプションとして3月3日から販売を開始する。提供価格はオープン。

物流業でAR表示や電子サインを活用した例

「Scandit」は、スマートフォンやタブレット端末などのスマートデバイスとそのカメラを活用して、AI技術を使って暗い場所や離れた場所でも、複数のバーコードやQRコードを瞬時に読み取ることができる。たとえ汚れていたり破れていたりしている場合でも、高い認識率で読み取ることができるということだ。さらに、AR技術で業務システムの情報とリアル空間を組み合わせることができるSDKを提供する。

「フィールド業務情報共有システム」は、スマートフォンやタブレット端末、スマートグラスを活用し、現場とオフィスの情報を共有することで、業務効率の向上を支援するシステム。

同オプションでは、バーコードで読み取った情報を基にデータベースの検索情報と連携してARで表示したり、電子サインをしたりできるアプリケーションを提供し、現場作業のさらなる生産性向上に貢献するとしている。また、ユーザーの業務システムと連携させることも可能だということだ。