Jサポ平均年齢は42.8歳と前年比0.9歳上昇…女性比が男性比を上回ったクラブは?

写真拡大

 Jリーグが2019年のサマリーレポートを公表した。

 調査は19年4月20日から9月15日まで55クラブのホームゲーム来場者(11歳以上の男女2万4070人)に実施。調査対象とする試合を特定し、スタジアム内における集合配布法を用いた質問紙調査法で2万3189票(回収率96.3%)を有効回収した。

 観戦者の平均年齢は42.8歳。40代が26.9%と最も多く、続いて50代(20.5%)、30代(16.8%)と続いた。なお、昨年度より0.9歳上がっているという。

 クラブ別ではY.S.C.C.横浜が33.8歳と突出して若い数字となっている。これは調査対象の試合(7月7日熊本戦)で、3分の1の回答を18歳以下から得ていることが大きい。40歳を下回ったのは、YS横浜のほかに名古屋グランパス(39.2歳)、横浜F・マリノス(39.5歳)、鹿島アントラーズ(39.9歳)。

 リーグ全体の男女比は男性62.4%、女子37.6%ということで、ほぼすべてのクラブで男性が多いという結果になった。しかし唯一、V・ファーレン長崎だけ女性比が51.3%と男性比を上回った(5月25日徳島戦)。逆に男性比が最も多かったのは湘南で75.6%だった(8月3日鹿島戦)。

各クラブの平均年齢(男性比)

▽J1

札幌 46.3歳(62.9%)

仙台 44.8歳(59.4%)

鹿島 39.9歳(59.5%)

浦和 43.6歳(66.7%)

FC東京 42.4歳(63.2%)

川崎F 40.9歳(60.3%)

横浜FM 39.5歳(64.0%)

湘南 45.5歳(75.6%)

松本 46.6歳(60.9%)

清水 43.5歳(59.7%)

磐田 40.7歳(59.3%)

名古屋 39.2歳(72.5%)

G大阪 40.6歳(59.0%)

C大阪 43.9歳(64.6%)

神戸 41.8歳(64.8%)

広島 44.2歳(63.8%)

鳥栖 40.2歳(60.3%)

大分 45.5歳(62.5%)

▽J2

山形 46.3歳(58.2%)

水戸 42.3歳(66.5%)

栃木 43.5歳(66.6%)

大宮 45.2歳(71.5%)

千葉 41.5歳(62.7%)

柏 41.3歳(66.2%)

東京V 43.1歳(63.1%)

町田 43.5歳(64.8%)

横浜FC 45.7歳(67.9%)

甲府 48.7歳(55.7%)

新潟 48.7歳(51.7%)

金沢 44.3歳(69.7%)

岐阜 43.8歳(66.7%)

京都 43.5歳(71.2%)

岡山 46.9歳(57.9%)

山口 42.3歳(55.7%)

徳島 42.8歳(58.4%)

愛媛 45.8歳(57.5%)

福岡 42.4歳(70.2%)

長崎 45.9歳(48.7%)

鹿児島 40.8歳(62.4%)

琉球 41.5歳(58.4%)

▽J3

八戸 46.2歳(53.0%)

盛岡 44.8歳(71.6%)

秋田 45.8歳(56.6%)

福島 46.2歳(64.8%)

群馬 45.5歳(68.9%)

YS横浜 32.3歳(63.9%)

相模原 46.0歳(61.4%)

長野 46.5歳(53.0%)

富山 46.3歳(61.9%)

藤枝 44.6歳(69.1%)

沼津 46.0歳(62.0%)

鳥取 45.9歳(63.5%)

讃岐 44.5歳(57.6%)

北九州 48.4歳(65.4%)

熊本 43.7歳(57.4%)