NECは2月3日、ネットワークをソフトウェアで動的に制御するSDN(Software-Defined Networking)新製品とネットワークのマネージドサービスの提供を開始し、SDN事業を強化すると発表した。

同社は2011年よりSDNの商用製品を提供している。この度、SDN事業を強化するため、企業ネットワークのライフサイクルである設計・構築・運用・保守・改善の各ポイントにおいて、顧客のニーズに適したネットワークのサービスを提供する。

加えて、SDN事業の領域を、従来の企業内LAN/WANやデータセンターネットワークなどから、IoT(Internet of Things)やOT(Operational Technology)との統合、各種クラウドプラットフォームとの接続、ローカル5Gへの適用などにまで広げる。

マネージドネットワークサービスメニュー

SDN新製品

同社はNECはサービスの開発や提供を担う専任者を250名体制とし、ネットワーク事業を推進する。