富士通は2月3日、名古屋大学情報基盤センターの次期スーパーコンピュータシステムを受注したと発表した。同システムは2020年7月より稼働予定。

同システムは、理化学研究所と共同開発しているスーパーコンピュータ「富岳」の技術を活用した「FUJITSU Supercomputer PRIMEHPC FX1000」2304ノードを世界で初めて採用する。

FUJITSU Supercomputer PRIMEHPC FX1000

同システムには、サブシステムとして、PCサーバ「FUJITSU Server PRIMERGY CX2570 M5」221台を並列接続したクラスタシステム、ストレージシステムなどが高速インターコネクトで接続される。

FUJITSU Supercomputer PRIMEHPC FX1000から構成されるシステムの理論演算性能は7.782ペタフロップス、FUJITSU Server PRIMERGY CX2570 M5から構成されるシステムの理論演算性能は7.489ペタフロップスで、システム全体の理論演算性能の合計は15.88ペタフロップスとなる。

名古屋大学情報基盤センターは、同システムにより、台風のメカニズムの解明や新薬の設計などの従来の数値計算シミュレーションに加え、医学分野における診断治療支援技術や自動運転技術の開発におけるAI適用などを支援していく。