喜美子(戸田恵梨香)を心配する母親・マツ(富田靖子)は、喜美子がまだ幼い頃、居候していた草間宗一郎(佐藤隆太)に手紙を書く。「キミちゃんが頑張っているから見に来てやってください」

信楽にやってきた草間に、喜美子は必死に穴窯の説明をして、望む焼き色を出すための仮説を伝える。「灰の量を増やすため、薪を2週間焚き続けたらうまくいくと思うんです」

草間「うん、うん。そうか」

喜美子「次が最後や。やってみせます」

草間は、かつて丸熊陶業の陶工だった慶乃川(村上ショージ)がくれた小さな狸の置物を喜美子に渡す。「キミちゃん、土の配合を変えるとき、慶乃川さんは土を掘ってた」

喜美子も思い出し、ますますやる気になる。

大野信作と百合子がようやく結婚・・・式は挙げず記念写真だけ

喜美子の幼馴染の大野信作(林遣都)と妹の百合子(福田麻由子)は結婚した。結婚式はせず、記念写真だけ。

信作はいまもときどき八郎と会っていた。信作から喜美子が2週間焚き続けると聞いて、八郎は心配して工房に駆けつけた。(総合あさ8時)