恋とグルメとミステリー、この3つの要素が盛り込まれたドラマなんて成立するのかと思ったが結構うまくいっている。

合コンは第一印象でほぼ決まる。ハズレだったときの残りの時間を過ごすあの不毛さを考えると、ランチという短時間で終わるのは後腐れなくていい感じ。謎解き大好きで合コン自体には関心のない天野ゆいか(山本美月)と、女子力高いもののふられたばかりで彼氏がほしい阿久津麗子(トリンドル玲奈)の同僚二人が、ランチ合コンを繰り返す。

謎解きミステリーは物足りないけど、そっちはどうでもいい

ロケした店とランチの内容をちゃんと伝えて、グルメの要素はまずクリア。毎回、恋には発展せず次回へと引っ張るので恋愛ものの要素もクリア。ミステリーは、ちょっとした会話から天野が謎を解決していく。

この回の合コン相手は、キッチンカーで弁当販売している男子とその先輩。かつての修行先の洋食屋のオーナーシェフの様子がおかしいと話し、実は若年性認知症と天野は解いてみせた。はっきり言って、ミステリー要素はかなり物足りない。

登場する合コン男子は当然毎週異なり、みなイケメンで眼福だ。ドラマの伏線として、天野は「幼少時の記憶をなくしている」という訳あり要素があるのだが、それはわりとどうでもよい。毎回、今日はどんな男子が来るのかな、何食べるのかなと、合コンに参加するような軽いワクワク感を楽しむのが正解。(木曜深夜11時59分)

(かたくりこ)