自家製チェンマイソーセージ(手前・900円)、ソフトシェルシュリンプときのこのアヒージョ(中左・パン付き・680円)、雲丹ボナーラ(中右・1200円)、赤ワイン(奥・550円)/スタンドトキ

写真拡大

元町駅と元町商店街をつなぐ路地に、イタリアン出身シェフが手間ひまかけた料理を提供する立ち飲み店がオープン。店内2階の大衆居酒屋「TOKI」は異なるメニュー展開なのではしご酒もおすすめ。<※情報は関西ウォーカー(2020年3号)より>

【写真を見る】冷菜の季節のフルーツとチーズクリーム(550円)は、シメのデザートにも最適/スタンドトキ

■ シーンに合わせて楽しめる立ち飲みイタリアン「スタンドトキ」

タイのピリ辛ハーブソーセージをジューシーかつボリューミーにアレンジした自家製チェンマイソーセージは看板メニューの一つ。

「一人飲みのアテから、シェアできる本格イタリアンまでシーンに合わせて楽しめます。具材がたっぷり味わえるアヒージョは、薪窯焼きカンパーニュ付き。雲丹ボナーラは、濃厚なウニソースにウニとイクラを贅沢にトッピングして味と見た目のサプライズ感に抜かりなし!グラスワインが常時16種以上あるのもうれしい」(ライター・ウエツキ)

「定番メニューだけでなく旬の食材を使った新メニューもどんどん取り入れています。立ち飲みらしいフレキシブルさも楽しんでください!」と、オーナーの石原優樹さん。

■お店DATA/個室:なし 飲み放題:なし クレジット:不可 コース:なし 予算:2000円〜3000円

■スタンドトキ<住所:神戸市中央区元町通1-7-2 ニューもとビル1F 電話:078-599-8199 時間:16:00〜22:00(LO21:30)、土日祝14:00〜22:00(LO21:30) 休み:火曜 席数:スタンディンク16人 タバコ:禁煙 駐車場:なし アクセス:JR・阪神元町駅より徒歩2分>(関西ウォーカー・関西ウォーカー編集部)